i-Smile|某英会話教室では…。

i-Smileで、某英会話教室では、デイリーに実施されているレベル別のグループ単位のクラスで英会話の学習をして、それから英会話カフェ部分で、実習的英会話をしています。学習したことを使いこなす事が大切なことなのです。

実際の英語の会話では、意味を知らない単語が出てくる機会が時折あります。そんな時に大切なのが、話の流れからほぼこんな中身かなと予測することです。

フリートークやロールプレイング等、複数人だからこその英語レッスンの長所を活用して、外国人教師との対話に限らず、クラスメイトの皆との普段の語らいからも生の英語を体得できるのです。

有名なYoutubeとか、無料のオンライン辞書とかソーシャルネットワークサイト等を使うことにより、日本にいたままで楽に英語を浴びるような環境が構築できて、相当便利に英語の訓練ができます。

携帯電話やタブレット等の英語ニュース番組ソフトウェアを毎日使うことで、耳が英語耳になるように努めることがネイティブに近づくための最短距離だと断言できます。

 

某英会話教室のTOEICテスト対策の特別講座は

全くの初級者から上級者まで、目標スコアレベルに応じて7コースが選択できます。受験者の弱い箇所を細かくチェックし得点アップに役立つあなたにぴったりな学習課題を出してくれます。

おしなべて英和事典や和英辞典を有効に利用することは大変意味あることですが、英会話の勉強の最初の段階では、ひたすら辞書に依存しないようにした方がベターです。

私の時は、読むことを多く敢行して英語の表現をストックしてきたから、他のリスニング、ライティング、スピーキングというような技能は、ひとつひとつおすすめの学習素材を少しずつやるだけで事足りました。

通常、英語の学習という面では辞典というものを効率よく使用することは非常に重要だと言えますが、いざ学習する場合において初期段階では辞書自体に頼りすぎないようにした方が実はよいのです。

「英語を話す国に行く」とか「外国人と交流する」とか「英語のドラマや、歌詞が英語である音楽や英語のニュースを観る」等の様々なやり方が紹介されていますが、ひとまず基本の単語を大体2000個くらい記憶することです。

 

普通、スピーキングというものは

初期段階では日常会話で出現頻度の高い基本となる口語文を規則的に何回も何回も練習して、頭脳ではなくすらすらと口ずさめるようにするのがなにより効率的である。

アメリカの大手企業のお客様コールセンターのほぼ全ては、実際はフィリピンに配されているのですが、通話しているアメリカ在住の人達は、受け答えしている相手がフィリピンの要員だとは少しも思いません。

何かやりながら英語を聞き流す事そのものは重要ですが、1日20分程でも完全に聞き取るようにして、スピーキング学習やグラマーの為の勉強はとことん聞き取ることをしてから行いましょう。

英語をネイティブのように発するときの秘訣としては、ゼロが3個で「thousand」と換算して、「000」の前にある数をちゃんと言えるようにすることでしょう。

とりあえず直訳はやめることにして、欧米人のフレーズそのものを真似してしまう。日本人の着想でちゃらんぽらんな文章を作らない。よく口にする言い方であれば、それだけ語句のみを英語に変換しただけでは英語とはならないのです。

公益社団法人日本工業英語協会

関連記事

コメントする