i-Smile|ユーチューブや…。

有名な英語能力テストのTOEICの受験を目論んでいるならば、Android等の携帯情報サービスのアプリケーションの人気の『TOEICリスニングLITE』がヒアリング力の伸展に寄与します。

i-Smile効果でも、VOAというものの英語によるニュース番組は、TOEICに度々出る政治問題や経済問題や文化・科学に関連した言葉が多数出てくるので、TOEIC単語暗記の妙手として実用的です。

繰り返し口に出すという実習を継続します。このような際には、言葉の抑揚やリズムに注力して聴くようにして、その通りに倣うように心がけるのがコツなのです。

何のために日本の学校では、英語でしばしば使用される「Get up」や「Sit down」と言う際に、2語を分離して「ゲット・アップ」や「シット・ダウン」と明瞭に発音するのか疑問です。これなら「ゲラッ(プ)」「セダン」と発する方がよい。

海外でも有名なトトロや魔女の宅急便などの映画の英語バージョンを観賞すると、日本語版とのちょっとした語感の差を実際に感じられて、楽しいでしょう。

 

ユーチューブや、無料のWEB辞書とかSNSなどの活用により

海外に出ることもなく容易に『英語に漬かった』ような状況が作りだせますし、ものすごく便利に英語を学ぶことができます。

たっぷりと慣用表現というものを暗記するということは、英語力を向上させるとても素晴らしい学習法であって、英語をネイティブに話す人たちは会話中にちょくちょくイディオムというものを用います。

耳慣れないピンズラー英会話というものは、ポール・ピンズラーDr.が生み出した教育用メソッドで、子供の時に言葉そのものを覚えるシステムを使用した聞いたことをすぐ口にするだけで英語を会得するという今までにないプログラムなのです。

iPhoneといった携帯や携帯情報端末(Android等)の英語の報道番組の携帯用アプリケーションを使用しながら、耳が英語耳になるように鍛えることが英語に上達するための近道だと断言できます。

英語の勉強法には、相手の言葉をそのまま繰り返すリピーティング、速さを要するシャドウイング、聞いた内容を理解しつつ書いていく、ディクテーションなどの多種類の能率のよい習得法がありますが、まだ初級レベルの者に絶対不可欠なのは、十分に聞き取るという方法です。

 

人気のあるニコニコ動画では

勉強用の英会話の動画以外にも、日本語のフレーズ、日常で使われる一言などを英語でどう言えばいいのかをひとまとめにした映像があります。

YouCanSpeakという学習法の特徴は、耳を使って英語を覚えるというよりも、多くしゃべりながら英会話学習するタイプのテキストです。とにかく、英会話を主眼としてレッスンしたい人に間違いなく役立つと思います。

「愉快に学ぶ」ことを方針として、英会話の実力を養うレッスンがあります。そこではテーマに相応しい対話によって会話力を、トピックや歌等色々な種類のテキストを用いて聞き取る力をレベルアップさせます。

アメリカにある企業のいわゆるコールセンターの九割方は、実を言えばフィリピンにあるわけですが、電話で話し中のアメリカにいる人は、向こうにいるのがまさかフィリピンにいるとは全く知りません。

多くの事を暗記していれば取りつくろうことはできるかもしれないが、時間がたっても英文法というものは会得できない。そんなことより認識して全体を組み立てられる英語力を持つことが最優先です。

公益財団法人 日本英語検定協会

関連記事

コメントする